科学立国の危機 失速する日本の研究力
豊田長康 著 東洋経済 2019年2月刊 ISBN 978-4-492-22389

学問の自由と研究者のモラル ―「軍学共同」問題から考える―
日本科学者会議 監修 本の泉社 2019年1月刊 ISBN 978-4-7807-1918-5

検証 国立大学法人化と大学の責任 その制定過程と大学自立への構想
田中弘允・佐藤博明・田原博人 編著 東信堂 2018年7月刊 ISBN 978-4-7989-1446-6

「大学改革」という病 学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する
山口裕之 著 明石書店 2017年7月刊 ISBN 978-4-750345468

「軍学共同」と安倍政権
多羅尾光徳ほか著 新日本出版社 2017年6月刊 ISBN 978-4-406-06089-9

群島と大学 −冷戦ガラパゴスを超えて−
石原俊 著 共和国 2017年3月刊 ISBN 978-4-907986-34-6

教育劣位社会 教育費をめぐる世論の社会学
矢野眞和・濱中淳子・小川和孝 著 岩波書店 2016年12月刊 ISBN 9784000611695

兵器と大学 なぜ軍事研究をしてはならないか
池内了・小寺隆幸 編 岩波書店 2016年9月刊 ISBN 978-4-00-270957-4

大学の条件 大衆化と市場化の経済分析
矢野眞和 著 東京大学出版会 2015年12月刊 ISBN 978-4-13-051332-6

いま、大学で何が起こっているのか
日比嘉高 著 ひつじ書房 2015年5月刊 ISBN 978-4-89476-769-0

どう考える?ニッポンの教育問題 「習慣病」になったニッポンの大学 ―18歳主義・卒業主義・親負担主義からの解放―
矢野眞和 著 日本図書センター 2011年5月刊 ISBN 978-4-284-30445-0